ウェルカーオーブンの特徴

<<戻る

139年の歴史があり基本設定の思想は変わりません。
構造的にシンプルなので故障が少なく使い勝手がよいオーブンです。
このためユーザー自身でメンテナンスが簡単に出来ます。
時代の流行に左右されないドイツ人ならではの設計思想なので
1台所有すれば三世代先まで焼き続けられるタフなオーブンです。
ドイツパンに適しているのは勿論ですが、フランスパン・イギリスパン
デニッシュもボリュームのあるパンが焼成可能です。

高い気密製


燃費が良い


工作精度が高い
ガス式・電気式ともに機体の機密性が高く、蒸気と熱のロスが殆どありません。このため燃費もよく、コストの面でも高いパフォーマンスを発揮します。排気ダンパーを開けることにより熱とスチームを外に排出することが出来ます。
また、直火焼きを可能するドイツ製の石床を全段に使用しています。
蓄熱が高い

生地による
熱損失が少ない
オーブン内部はドイツ製特殊素材を使用しており熱保有力が高く、エネルギー損失を最小限に工夫した設計です。また、構造材にも厚い鋼板を使用しているため大きな重量の生地でも熱落ちがなく充分に窯のびします。また、天板に乗せて焼く生地でもボリュームのある製品が焼成が出来ます。
豊富なスチーム

独立式のジェネレーター
焼成室の下部に別体式のスチームジェネレーターを保有し、給水バルブの開閉により焼成室の温度を下げることなく必要かつ充分な量のスチームが供給できる設計です。
安全対策として高圧なスチームに対し、スチーム開放弁が内蔵されています。スチームにならなかった水はドレン受ボックスにたまり一定以上になると外部に排出される構造です。

上記特性を備えた日本仕様のウェルカーオーブンが「EBS-330.41J」です。
国産オーブンで使い慣れている方でも馴染みやすく、国産の固定窯とヨーロピアン型の
特性を併せもつ日本唯一のオーブンと言っても過言ではありません。
概観も小型なので、お店の看板として見せるオーブンをご使用してみてはいかがでしょうか。
 

EBS-330.40J

炉内寸法:820W×1220L
デッキ高:220×3段
電気容量:25.8kw
電源:200V 3相 50/60Hz
重量:1600k
g

附属品:専用スリップピール
木製スコップ・木製ピール
モップ・手カギ